FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道旅行5日目 糠平温泉湯めぐり湯元館

糠平館観光ホテルを出たのが18時近く。
すぐ近くにある湯元館さんにダッシュ!
IMGP6857.jpg


夕飯時で忙しいだろうし、日帰りで入れるのかちょっと心配でしたが、
入浴できます!の案内を見つけてホッとしました。
北海道はなかなか来れないですから・・・
IMGP6860.jpg


湯元館の詳細についてはゆりが別ブログでまとめてありますので、
よかったらそちらを見てくださいね。
混浴のまとめ 糠平温泉湯元館

暗くなる前にまずは混浴露天へGO!

またまた暗いところに弱いカメラでして、
どうにもきれいに撮れていません。
IMGP6873.jpg


湯船の向こう側はかなりの高さがあって、はるか下に川が流れていました。
IMGP6883.jpg


湯船は結構広くて開放的でしたよ。
IMGP6885.jpg


落ちないように気を付けて~
IMGP6889.jpg


他にも打たせ湯とか、内湯とかもあったんですが、
泊まる宿の夕食の時間も迫っていたため、見学だけで入浴できませんでした。
IMGP6881.jpg


後でウィキペディアさんで調べてわかったことだけど、
ぬかびら温泉は、1919年に湯元館の初代館主が
原生林に温泉を発見したのが始まりなんだって。


今でこそ温泉街だけど、ヒグマがいるかもしれない原生林の中で温泉を見つけたことがすごい。
ここにたどり着くまでに何度もヒグマ注意!の看板を見てきたから、
余計にそう思うのかもしれないな。
IMGP6875.jpg


ここも滞在時間は20分くらい。
今度来たときはもっとゆっくりできる日程にしよっと。



ランキングアップのためにポチっとお願いします。
ただ今8位⇒10位となんとかトップ10入りキープ。
北海道旅、まだまだ続きます!

[広告]
[18禁]ちょぴりHな女性のための出会いのページ☆地域別☆





スポンサーサイト
[PR]

[PR]

北海道旅行5日目~オンネトー温泉と野中温泉①~

5日目、この日も曇天。
う~ん、なかなか青空に巡りあえないなぁ。

この日は、
阿寒湖→雌阿寒温泉→芽登温泉→糠平温泉と移動予定。
130kmくらいの移動です。

阿寒湖では有名なマリモを見てみたかったんだけど、
マリモ展示観察センターが阿寒湖の北にある島まで、
遊覧船かモーターボートで行かなくちゃならんことが判明。

え~、そんな時間ないし・・・

まりもを楽しみにしていたゆりはちょっとがっかり。
まあ、リサーチ不足なんだけど、潔くあきらめて雌阿寒温泉へ。
雌阿寒温泉は阿寒湖の南西にあるオンネトー湖の近くにあります。

オンネトー??
ついついどんな意味なのか調べてみたくなりますよね。
アイヌ語で"年老いた沼"、"大きな沼"という意味なんだって。

10時、雌阿寒温泉内にあるオンネトー温泉景福さんに到着~。
が、しかし本日の入浴は12時からとのこと。
え~!今日に限って・・・ついていない。

で、すぐ隣にある野中温泉別館へ。
おっと、こちらもこの日は11時からだって。
ん~困った。また来ようかって来れるところでもないし、
でも遅くなればなるほどこの後の行程がくるっちゃうし・・・うぅ。

仕方がないので近くのオンネトー湖で時間をつぶすことに。
DSC_0864.jpg


なかなかに神秘的な雰囲気を漂わせる美しい湖でした。
後ろにそびえる山は右側が阿寒富士で、雲に隠れた右側が雌阿寒岳。
ここで大阪から来たというご夫婦に遭遇。
マイカーでフェリーで旅行に来ていて、この辺に来るのは2回目なんだって。
で、前回はこの山々に登ったっていうんです。
ヒグマとか怖くないのかなぁ。すげぇ。


あとこのオンネトー湖の周辺にはオンネトー湯の滝っていうのがあって、
以前は滝の上に無料の混浴露天があったみたい。
ただ、この滝周辺では微生物が酸化マンガンをつくる現象が発見されたとのことで、
今では入浴禁止になっているようです。


いい具合に時間をつぶせたので、野中温泉別館へ移動。
DSC_0843.jpg


ここは男女別の内湯と男女別なのかどうかよくわからない露天があります。
詳しいことはゆりのブログ 混浴のまとめ 野中温泉別館でも書いてありますが、
一言でいえばこういうことです。
IMGP6676.jpg


写真奥が女性露天なんですが、自由に行き気ができてしまいます。
これは男性が女性側に行ってもいいのか??
女性は男性側に来てもいいのか??
よくわかりませんでした。


男性側には日よけがなくて、女性側にはあるので、
ゆりはほぼ女性側に入っていました。
IMGP6694.jpg


ただ、この女性用の露天は道路から丸見えなんですよね。
なのでそれが気になる女性は男性側に入るのかな??
IMGP6692.jpg


泉質は含食塩_石膏硫化水素泉っていうんだって。
お湯が新鮮なうちは透明だけど、徐々に酸化して沈殿を生じるとか。
女性側の露天は透明に近い感じでした。
IMGP6688.jpg


男性側の露天はちょっと濁りあり。
お湯にカメラをつけてみたけど濁っていて撮れませんでした。
IMGP6701.jpg


内湯はつーんとした温泉臭が立ち込めて、
成分の濃さが感じられましたよ。
IMGP6704.jpg

終始貸し切り状態で短時間だったけど十分に満喫できましたよ。


ランキングアップのためにポチっとお願いします。
ただ今7位⇒10位となんと驚きのトップ10入りキープ。
北海道旅、まだまだ続きます!

[広告]
[18禁]ちょぴりHな女性のための出会いのページ☆地域別☆
簡単動画見放題♪
夜遊び総合検索サイト【Nレジャー】行きたいお店、面白いお店のご紹介!




北海道旅行2日目~大草原とからまつの湯~

熊の湯を出て南下。

根室海峡を挟んだ先に見える国後島。
DSC_0270.jpg

国後島には火山が多くて、温泉もたくさんあるんだって。
でもきっとこの島に足を踏み入れることはないんだろうなぁ。


この日の宿泊地は屈斜路湖と摩周湖の中間に位置する川湯温泉。
まだまだ距離があるので先を急ぎます。
北海道ってまっすぐな道が多いっていうけど、本当にそうですね。
草原や森の中を突っ切るまっすぐな道路。
DSC_0372.jpg


広大な草原もあちこちにありました。
DSC_0341.jpg


写真を撮ってたらゆりが急に車に戻るから俺もつられて戻って、
「何!」と。

ゆりは森の中、まん中にある黒い塊が熊に見えたみたいで焦ったんだって。
見えなくはないけど、動いてないしこれはただの黒い塊でした。
DSC_0308.jpg


どこもかしこも広大で写真を撮りたくなる場所が点在。
DSC_0394.jpg


なんだか空も近くに感じる。
DSC_0402.jpg


ど~ん。(特に意味はありません)
DSC_0415.jpg


そんな感じで移動しているからちっとも目的地に着かない・・・
ようやくたどり着いたのが養老牛温泉のからまつの湯。
中標津空港と摩周湖の間くらいにある、ある程度管理された野湯です。

標津川沿いにあるちっちゃな温泉なんだけど、入口が分かりづらくて右往左往。
場所の説明は混浴のまとめ 養老牛温泉 からまつの湯を見てちょ。

このきつね君とは右往左往している間に何度も目が合いました。
DSC_0419.jpg


到着したのは18時。
結構車が止まっていてちょっとびっくり。
みんな仕事が終わった後とかに入りに来ているのかな??

幸いみなさん帰るところだったのですれ違いで貸切状態でした。
脱衣所もあるけど、ちょっと遠慮。
IMGP6338.jpg


ゆりもその辺で服を脱いでいたけど、
さっきまでいた人たちが駐車場にいるから落ち着かなそう。

ゆり的には裸を見られるよりも、服を脱ぎ着しているところを見られる方が恥ずかしいんだって。
そんなもんですかね~。

お風呂は川が目の前にあってなかなかいい感じ。
IMGP6314.jpg


野湯にしてはお湯もきれいだし、なかなか良かったですよ。
IMGP6327.jpg


ただ蚊の大群に襲われて、落ち着かないったらありゃしない。
IMGP6337.jpg


自然の中に人間が入っていっているから仕方ないけど、
大きな蚊がぶんぶんと寄ってきて、たまらずにすぐに出ちゃいました。

あとは宿泊地に向かうだけ。
この辺りは地名通り牛さんだらけ。
ゆりが「あ、うし~」って急に叫んだからびっくり。
さっきからたくさん見てるじゃん。

と思ったら山肌に大きく牛の文字を見つけて叫んだみたい。
DSC_0421.jpg


この日は宿に到着する時間が遅くなることがわかっていたので、宿のご飯は無し。
通りがかりのラーメン屋さんで夕食を済ませて、湯の閣池田屋さんに向かいました。


ランキングアップのためにポチっとお願いします。
ただ今9位⇒10とまたまたトップテン入り。
いつもポチっとありがとうございます

[広告]
[18禁]ちょぴりHな女性のための出会いのページ☆地域別☆
簡単動画見放題♪
夜遊び総合検索サイト【Nレジャー】行きたいお店、面白いお店のご紹介!


ブログ構成見直しのお知らせ

数年に渡りこのブログを続けてきましたが、
最近のアダルトブログを取り巻く環境の変化から、
このブログの過去記事はいったん休止して、
内容の見直しをしようと思います。

とりあえずしばらくの間は、ゆりが管理していたブログ、
「混浴のまとめ」で旅行記を綴っていこうと思います。

具体的には、たまたま剛&眠り姫さんのHPを見て、
衝撃を受けたの主因です。

これだけいろいろな画像が世に溢れている中で、
モザイクを掛けた画像が取り締まりの対象になるとは、
想像していませんでした。

日々過ぎていく日常、
ふたりが過ごした時間をありのままに綴っていこうと始めたブログ。
その時交わした言葉や思いを忘れないように始めた日記。

ただそれがルールに反しているのであれば、
この国に生きている以上、改めなければいけません。

これまでこのブログを訪れてくれた方々、ありがとうございました。
コメントを入れてくれた方々、ありがとうございました。

このブログは剛&眠り姫さんのHP
いろいろな方々に見てもらうために、
日記を閲覧できない状態にしたままで、
もう少しの間だけ残しておこうと思います。

交流のあったブロガーの皆様が
自身のブログを見直すきっかけとなれば幸いです。
今後のますますのご活躍を楽しみにしています。

4月中旬。

春らしさを求めてドライブしてきました。
たまたま通りかかった場所で桜発見。
s-DSC_0020.jpg
川はちょっと汚かったけど、
桜のアーチは見事でした。

ひっそりと咲くタンポポ発見。
なんか可愛いでしょ?このタンポポ。
s-DSC_0065.jpg

茶畑。
s-DSC_0127.jpg

最後はそよ風。
風に舞うゆりのスカートと桜の花びら。
s-DSC_0178.jpg
春が待ち遠しいな。



最新記事
検索フォーム
プロフィール

ロー&ゆり

Author:ロー&ゆり
ロー35歳&ゆり26歳

混浴で癒されたり、露出写真を撮ったりするのが大好きなふたりです。
魅力的な混浴があれば、どこへでも行きます。
たまーにカップルさんや単独さんと遊んだりもします。

旅先での出来事や感じたこと、ちょっとエッチなことなどなど、ふたりの思い出を残していきたいと思います。

カテゴリ
IN OUTランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

広告


おすすめグッズ
FC2カウンター
月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。