FC2ブログ

これまでに訪れた混浴

★県名をクリックすると各温泉のデータを見ることができます。


北海道の混浴
岩尾別温泉(三段の湯)(滝見の湯)

青森県の混浴
酸ケ湯温泉、青荷温泉(ランプの宿)、温川温泉(温川山荘)

岩手県の混浴
藤七温泉(彩雲荘)、大沢温泉(自炊部)

秋田県の混浴
乳頭温泉(鶴の湯、黒湯、蟹場)

栃木県の混浴
塩原温泉(湯守田中屋)、女夫淵温泉(女夫淵温泉ホテル)、鬼怒川温泉(仁王尊プラザ)、塩原温泉(明賀屋本館)、塩原温泉(岩の湯)、那須温泉(弁天温泉旅館)、川俣温泉(川俣一柳閣)、奥鬼怒温泉(八丁の湯)、湯西川温泉(共同浴場)(薬研の湯)、湯西川温泉(おやど湯の季)、川治温泉(薬師の湯)

群馬県の混浴
赤城温泉(御宿総本家)、赤城温泉(花の宿湯之沢館)、川中温泉(かど半旅館)、老神温泉(金龍園)、四万温泉(中生館)、四万温泉(つばたや旅館)、四万温泉(鍾寿館)、尻焼温泉(ホテル光山荘)、川古温泉(浜屋旅館)、法師温泉(長寿館)、水上温泉(天狗の湯きむら苑)、猿が京温泉(湖城閣)、老神温泉(伍楼閣)、万座温泉(万座高原ホテル)、万座温泉(万座プリンスホテル)、湯の小屋温泉(たぬきのお宿洞元荘)、宝川温泉(汪泉閣)

新潟県の混浴
燕温泉(河原の湯)、蓮華温泉、雨飾温泉(雨飾山荘)

埼玉県の混浴
百穴温泉(春奈)

神奈川県の混浴
中川温泉(信玄館)、箱根湯本温泉(箱根の庵)、湯河原温泉(伊豆屋旅館)

静岡県の混浴
北川温泉(黒根岩風呂)、河内温泉(金谷旅館)、雲見温泉(海岸露天風呂)、伊東温泉(藤よし)、駒の湯温泉(源泉荘)、熱川温泉(たかみホテル)、伊東温泉(陽気館)、河津七滝温泉(大家荘)、平六地蔵露天風呂

山梨県の混浴
川浦温泉(山県館)、十谷温泉(源氏の湯)、赤石温泉、裂石温泉(雲峰荘)

長野県の混浴
鹿教湯温泉(河鹿荘)、鹿教湯温泉(ふぢや旅館)、鹿教温泉(天竜閣)、湯田中温泉(俵や)、松川渓谷温泉(滝の湯)、蓼科温泉(小斉の湯)、切明温泉(切明リバーサイドハウス)、屋敷温泉(秀清館)、和山温泉(仁成館)、白骨温泉(泡の湯)、葛温泉(仙人閣)、葛温泉(高瀬館)、中房温泉

愛知県の混浴
南知多山海温泉(粛海風)、湯谷温泉(ゆかわ)、南知多内海温泉(呼帆荘)

岐阜県の混浴
新穂高温泉(穂高荘山月)、新穂高温泉(佳留萱山荘)、新穂高温泉(深山荘)、濁河温泉(旅館御岳)、新穂高温泉(いとう旅館)、塩沢温泉(湯元山荘)、福地温泉(御宿飛水)、新穂高温泉(宝山荘別館)、下呂温泉(噴泉池)

富山県の混浴
小川温泉(ホテルおがわ)、黒薙温泉

和歌山県の混浴
川湯温泉(仙人風呂)、川湯温泉(川湯みどりや)、龍神温泉(下御殿)

鳥取県の混浴
三朝温泉

岡山県の混浴
湯原温泉(砂湯)、奥津温泉河原露天、真賀温泉

香川県の混浴
こんぴら温泉(湯元八千代)

徳島県の混浴
新祖谷温泉(ホテルかずら橋)

大分県の混浴
天ケ瀬温泉(みるき~すぱサンビレッジ)(駅前温泉)(神田の湯)(薬師の湯)、湯布院温泉(山光園)(下ん湯)、明礬温泉(岡本屋旅館)、別府野湯(鶴の湯)(鍋山の湯)(へびん湯)、壁湯温泉(福元屋)(共同浴場)、川底温泉(蛍川荘)

熊本県の混浴
はげの湯温泉(山翠)、黒川温泉(奥の湯)(山みず木)(樹やしき)(帆山亭)(やまびこ旅館)(いこい旅館)(穴湯共同浴場)、地獄温泉(清風荘)、満願寺温泉

鹿児島県の混浴
霧島温泉(霧島ホテル)、妙見温泉(和気湯)(せせらぎ荘)(石原荘)

★秘密の小部屋は現在更新しておらず、
 パスワードも非公開となっています。


ランキングUPのためポチっとお願いします。


【広告】




SEO対策:カップル 混浴 温泉 露出 複数
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

北海道旅行5日目 糠平温泉湯めぐり湯元館

慌ただしく糠平温泉の混浴を巡ったあと、ようやく今夜宿泊する中村屋さんへ。
DSC_0001_20161105222009614.jpg


こういうのをアンティーク調というのかな?
DSC_0005_20161105222010aa1.jpg


いろいろなものがおかれたオシャレなロビーでした。
DSC_0889.jpg


宿帳に記載する間、ここでポテチを焼いたり、
DSC_0894.jpg


ダッタンそば茶を飲んだりしてくつろぎました。
DSC_0892.jpg


ちょっとしたことだけど、こういうお出迎えをされるとうれしいですね。

で、部屋。
宿に到着するとすぐにお風呂に向かいたくなるので、ここでもバタバタです。
DSC_0902.jpg


で、真っ先に混浴露天に向かいます。
DSC_0937.jpg


どんなお風呂なのかワクワクするんですよね。
DSC_0928.jpg


いつものように、混浴のまとめ 糠平温泉中村屋も見てみてね。

混浴露天でいつものポーズ。
DSC_0915.jpg


まあ、夕食の時間が迫っていたので、写真撮ってすぐでました。
IMGP6910.jpg

あ~、落ち着かない。


この旅館は建物自体は古そうでしたが、
中はきれい&おしゃれな感じが随所にあって、ゆりは楽しそうだったな。
DSC_0960.jpg


夕食。
DSC_0946.jpg


それほど豪華ではなかったけど、雰囲気がよかったので満足満足。
DSC_0951.jpg


いろいろなお酒もあったけど、これには口をつけず。
DSC_0956.jpg


夕食後、部屋に戻る時に見つけたエゾリスの穴という小部屋。
DSC_0961.jpg


浴衣やお香、顔パック、爪やすりなどなど、
いろいろなアイテムが置かれていて、自由に使っていいんだって。
DSC_0967.jpg


ゆりは「すご~い」と言って、興味深そうにいろいろ試していました。
DSC_0964.jpg


辺りはすっかり暗くなり、慌ただしかった一日がうそのような静けさ。
DSC_0974.jpg


ゆりの頭の右上にある星ボタン。
このボタンを押すと露天の電気が消えるようになっていました。
DSC_0975.jpg


真っ暗だから写真はないけれど、
お湯の音と星空を眺めながら、ようやくゆっくりとくつろぐことができました。


ランキングアップのためにポチっとお願いします。
ただ今10位⇒11位とちょっとポジションダウン。
北海道旅、まだまだ続きます!

[広告]
[18禁]ちょぴりHな女性のための出会いのページ☆地域別☆

北海道旅行5日目 糠平温泉湯めぐり湯元館

糠平館観光ホテルを出たのが18時近く。
すぐ近くにある湯元館さんにダッシュ!
IMGP6857.jpg


夕飯時で忙しいだろうし、日帰りで入れるのかちょっと心配でしたが、
入浴できます!の案内を見つけてホッとしました。
北海道はなかなか来れないですから・・・
IMGP6860.jpg


湯元館の詳細についてはゆりが別ブログでまとめてありますので、
よかったらそちらを見てくださいね。
混浴のまとめ 糠平温泉湯元館

暗くなる前にまずは混浴露天へGO!

またまた暗いところに弱いカメラでして、
どうにもきれいに撮れていません。
IMGP6873.jpg


湯船の向こう側はかなりの高さがあって、はるか下に川が流れていました。
IMGP6883.jpg


湯船は結構広くて開放的でしたよ。
IMGP6885.jpg


落ちないように気を付けて~
IMGP6889.jpg


他にも打たせ湯とか、内湯とかもあったんですが、
泊まる宿の夕食の時間も迫っていたため、見学だけで入浴できませんでした。
IMGP6881.jpg


後でウィキペディアさんで調べてわかったことだけど、
ぬかびら温泉は、1919年に湯元館の初代館主が
原生林に温泉を発見したのが始まりなんだって。


今でこそ温泉街だけど、ヒグマがいるかもしれない原生林の中で温泉を見つけたことがすごい。
ここにたどり着くまでに何度もヒグマ注意!の看板を見てきたから、
余計にそう思うのかもしれないな。
IMGP6875.jpg


ここも滞在時間は20分くらい。
今度来たときはもっとゆっくりできる日程にしよっと。



ランキングアップのためにポチっとお願いします。
ただ今8位⇒10位となんとかトップ10入りキープ。
北海道旅、まだまだ続きます!

[広告]
[18禁]ちょぴりHな女性のための出会いのページ☆地域別☆





最新記事
検索フォーム
プロフィール

ロー&ゆり

Author:ロー&ゆり
ロー35歳&ゆり26歳

混浴で癒されたり、露出写真を撮ったりするのが大好きなふたりです。
魅力的な混浴があれば、どこへでも行きます。
たまーにカップルさんや単独さんと遊んだりもします。

旅先での出来事や感じたこと、ちょっとエッチなことなどなど、ふたりの思い出を残していきたいと思います。

カテゴリ
IN OUTランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

広告


おすすめグッズ
FC2カウンター
月別アーカイブ
リンク